2009年7月18日 (土)

またまた手術を受けました!(後編)

早速、手術の準備が始まりました。部分麻酔を大量に打ってもらったので、既に手術する部位の感覚は、ほとんどなくなっています。大学病院なので仕方がないのですが、執刀医の年配の医者(医師A)のほか、若い医者たち(医師B、医師C、・・・)が集まってきました。そして、手術開始。

医師A (歯根をゴリゴリ削って)「なんだこれ、随分と硬いな」
医師B 「これって、ぶっちゃけ、○○ですよねえ?」

米国の治療で詰めた固定剤(セメント)の話をしているものと推察されましたが、医師Bの若者言葉に萎えてしまいました・・・。

医師C 「本当にすごく良く見えますねえ・・・。」
医師B 「やっぱり、内視鏡だと全然違うでしょ。○○先生は、マイクロスコープの方がよく見えるとか強がってるけどね。」

内視鏡で人の歯根を見ながら勝手なコメントをしていましたが、私は目隠しされていて全然見えませんでした。まあ、最新技術を嫌う人間は、どの業界にでもいるということなのでしょう。

医師A 「あれ?しまった!」
医師B 「先生、何やってんですか?歳くって目が見えなくなってるんじゃないんすかあ?困るなあ、おじーちゃんは・・・」

おいおい、大丈夫なのかよ?不安な会話をしないでくれよなあ・・・。というわけで、こんな緊張感のない会話を聞かされながら、1時間弱で手術は終了。とりあえず、「我々としては、うまくいったと思います」と主張しているので、患者としては信じるしかないのでしょう。

医師B 「帰りは京急線ですか?JRですか?」
いなぽん 「京急線で来たのですが、帰りはJRに乗ろうかと」
医師B 「処方箋を出しますから、薬は、シーサイドラインからJRに乗り換えができる新杉田駅の薬局で買ってください」
いなぽん 「え?ここではもらえないんですか?」
医師B 「医・薬の分離で、今は病院では出せないんですよ」
いなぽん 「でも、この病院の周りとかは?」

医師B 「見ての通りの倉庫街ですから、近くにはありません」
いなぽん 「麻酔が切れてきて、既に結構痛いんですけど」
医師B 「じゃあ、とりあえず、これでも飲んでおいてください

ということで、その場で錠剤を一錠ほど飲んで、会計を済ませて病院を後にしました。

Img_8798

そして、シーサイドラインに乗って、JR新杉田駅に向かいました。が、途中でどんどん歯が痛くなってきたのです。全然薬が効かないじゃねーかよ!痛みをこらえながら車窓を眺めていると、何と、Costco(コストコ)を発見!日本にもあったのか・・・。

Img_8800

そして、ようやく新杉田駅に到着。乗り換え通路にある薬局で、ようやく薬を買うことができました。よかった、よかった・・・。

なお、その後痛みが少し引いてきたので、そのままJR根岸線で桜木町駅まで向かい、横浜の市内観光をしてきました。以下、横浜で撮影した写真です!

Img_8803

↑早速ランドマークタワーの展望台へ。下方に見えるのは、パシフィコ横浜と臨港パーク。

Img_8804

↑みなとみらいの新港地区。「開国博Y150」の会場となっている。開催面積が意外に狭い。

Img_8814

↑みなとみらいの横浜駅側。相変わらず空き地が目立っている。

Img_8815

↑巨大な吹き抜けのあるランドマークプラザ。平日ということもあり、人通りは少なかった。

Img_8818

↑みなとみらい線に乗って、元町・中華街駅に到着。渋谷から直通とは本当に便利になった。

Img_8820

↑中華街大通り。学生時代に良く足を運んだものだが、当時からあるお店は、ほとんど健在。

Img_8822

↑昔はなかった「チャイナスクエアビル」。色々なお店が集まっている。「よしもと おもしろ水族館」って何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

またまた手術を受けました!(前編)

昨日、横浜市金沢区の横浜市大病院(横浜市立大学附属病院)で、歯根嚢胞(しこんのうほう)の切除手術(日帰り手術)を受けてきました。同じ部位に何度も再発していて、これで根幹治療としては6回目、外科手術としては3回目となります。

どうして、そんなことになってしまったのか、その経緯をいちいち説明するのも、もう面倒くさくなったので、以下の「いなぽんの南カリフォルニア日記」の記事を読んでください。

1回目の手術<4回目の根幹治療>のときの記事(2005/9/29) http://inapon.cocolog-nifty.com/la/2005/09/root_canal_surg_0f16.html

2回目の手術<5回目の根幹治療>のときの記事(2007/12/11) http://inapon.cocolog-nifty.com/la/2007/12/root_canal_surg_0f16.html

というわけで、米国で治療に失敗したのに、日本の歯科技術でうまく治るとは、到底考えられなかったわけですが、横浜市大病院では、内視鏡を使った最新鋭の治療ができるという話を耳にしたので、今度こそ根治できるのではないかと期待しつつ、3回目の手術を受けることを決断したわけです。

とりあえず、少しでも緊張感を和らげるべく、写真を撮りながら観光気分で現地に向かったので、以下、撮影した写真を掲載します。

Img_8772

↑品川から京急線で、金沢八景駅に到着。横浜市の南の外れに位置しているだけあって、雰囲気は、横浜というよりも、横須賀である。

Img_8770

↑横浜市立大学のマスコット「よっちー」。いつの間に、こんなものが作られたのであろうか?

Img_8777

↑シーサイドラインに乗り換えて、横浜市大病院に向かう。金沢八景のマリーナに沢山の船が停泊している様子は、昔と変わらず・・・。

Img_8782

↑これが、今年で開業20周年となるシーサイドライン。その後方には「八景島シーパラダイス」がある。私は完成直後に一度来ただけ。

Img_8794

↑そして、横浜市大病院に到着。駅と病院が繋がっていたので、非常に便利だった。それにしても、港湾の倉庫街に、どうして大病院が建っているのか、相変わらず立地が不可解。

というわけで、受付を済ませた後、歯科・口腔外科にて手術が始まることとなったのです。この後の様子については書いていると長くなってしまいそうなので、次回に後編としてUPすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

酸素エアチャージャー

弁理士2次試験が終わってからというもの、時間が取れるようになったこともあり、本ばかり読んでいます。米国生活が長かった影響なのか、日本のテレビ番組が全然面白く感じられないというのも、読書ばかりしている理由の一つです。

とは言っても、読んでいる本は、ビジネス書やノウハウ本に偏っているような気もします。最近、弁護士の荘司雅彦氏の著作をいくつか読みましたが、その中で紹介されている松下電器の「酸素エアチャージャー」を、つい衝動買いしてしまいました。

Img_4400

写真にありますように、右にあるヘッドホンみたいのを付けて、空気を吸うわけです。空気中には通常約21%濃度の酸素がありますが、この機械からは約30%濃度の酸素を含んだ空気が出てきます。

医学的な根拠はありませんが、実際に試してみると、確かに「頭がスッキリする」ような感覚があります。単なるプラセボ効果(偽薬効果)かもしれませんが、「何かを始めるとき」や「気分を入れ替えるとき」の「気合入れ」には最適のような気もします。2万7千円もしましたので、長く愛用するつもりです。

ちなみに、そんなに人気のある商品ではないようで、秋葉原のヨドバシカメラでは、「空気清浄機」の横に、ひっそりと置かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

体年齢:45歳!

ダイエットを開始したこともあり、秋葉原のヨドバシカメラで、オムロンの体重体組成計を買ってきました。4000円程度の安いものですが、オムロンですので、それなりに精度は高いのだと思います。「体年齢」が表示されるというのも、購入した理由の一つです。

Img_4330

早速計測してみると、ガーン!体年齢が「45歳」と表示されました!大ショック!ブログ年齢が45歳だったのは、以前ご紹介したとおりですが、まさか体年齢までもが45歳とは・・・(http://inapon.cocolog-nifty.com/tokyo/2008/07/45_d26f.html)。ダイエットを続けて、何とか実年齢まで戻したいと考えています。(7歳も若返らなければなりませんが・・・。)

なお、他の数値は以下の通りでした。(ダイエット開始から3日目ですが、既に体重が1kg減ったのは良い傾向かと思います。)

体重:76.2kg, 体脂肪率:24.1%, BMI:26.2, 内臓脂肪レベル:11, 基礎代謝:1715kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

私の下半身事情

残念ながら、私のアソコについてのお話ではありません。私の下肢部についてのお話です。

本日夕方、五反田駅前のフィットネスクラブに見学に行ったついでに、短時間で体組成の分析をすることができる機械があるとのことで、私の身体についても調べてもらいました。

Img_2837

分析結果のひとつが、これ。筋肉発達度を評価したものだそうです。下半身だけが、見事に標準以上の筋肉発達度となっています。おそらく、東京に戻って以来、運動こそはしないまでも、あちこち歩き回っていましたから、それが影響しているのかもしれません。実際に、先週末も、大崎駅周辺、旧東海道の品川宿、御殿山、高輪、高輪台、池田山など、近隣を歩き回っていました。

なお、食事バランスに気をつけているためか、体成分や基礎代謝量は、ほぼ標準値でした。唯一問題だったのが、私の体重・・・。2001年の渡米前に68kgだったものが、1年に1kgずつ増えて、半年前の日本帰国時には、75kgになっていましたが、その後、勉強と美食の日々を送っていたためか、歩き回っていたのにも関わらず、77kgにまで増加していたのです。肥満気味を通り越して、完全な肥満です。徐々に体重を落とすべく、努力していきたいと考えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)