« 知財業界でホットなもの(弁理士の日特別企画) | トップページ | 『シン・ゴジラ』を見に行きました! »

2016年7月14日 (木)

天皇陛下が生前退位のご意向 雑感

昨日から大きく報道されているように、天皇陛下が生前退位のご意向をお持ちとなっていることが明らかとなりました。個人的にはご本人のご意向に沿う方向性で問題ないのではないかと思っています。

テレビのニュース番組などを見ていると、退位後の呼び方が話題になっています。皇室典範で定義されていなくても、すでに「上皇(太上天皇)」という歴史的な呼称があるのですから、それにしたがえば良いだけのような気がします。なお、日本史では「法皇」も登場しますが、これは「出家した上皇」のことなので、上皇に含まれます。

かつては政治の都合で勝手に天皇を入れ替えたり、引退した天皇が上皇として「院政」を行うなどの弊害もありましたし、皇統が分裂した南北朝時代もありました。また、極めてレアなケースですが、上皇が再び天皇に即位する重祚(ちょうそ)が行われたり、息子が天皇に即位したことでいきなり上皇に棚上げになった皇族もいました。ちなみに、上皇が5名いた時期もあります。ここまで増えると、まるで総理経験者や社長経験者のようです。

歴史を振り返ると、確かに様々な混乱があったようです。しかしながら、「きわめて高齢の定年制」に限定するなど生前退位できる条件をかなり狭めるだけでも、前述したような混乱を回避することはじゅうぶん可能なのではないかと思っています。

|

« 知財業界でホットなもの(弁理士の日特別企画) | トップページ | 『シン・ゴジラ』を見に行きました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下が生前退位のご意向 雑感:

« 知財業界でホットなもの(弁理士の日特別企画) | トップページ | 『シン・ゴジラ』を見に行きました! »