« 乙武洋匡氏の不倫騒動 雑感 | トップページ | 仙台も桜が満開となりました! »

2016年4月 4日 (月)

神武天皇2600年大祭

昨日、初代天皇とされる神武天皇の没後2600年を記念する「神武天皇2600年大祭」が奈良県の橿原神宮で営まれたというニュースを目にしました。

「2600年」と聞いて、私は直ちに、1940年(昭和15年)に神武天皇即位から2600年を記念して実施された「紀元2600年記念行事」のことを思い出しました。ご存知の方もいるかもしれませんが、旧日本軍の軍用機「ゼロ戦」(零式艦上戦闘機)の名前は、採用年の1940年(昭和15年)がちょうど皇紀2600年だったことに由来します。

あれから既に76年。調べてみると、52歳で初代天皇に即位した神武天皇は127歳まで生きたのだそうです。(古事記によると137歳。)

人間の理論的な限界寿命が120歳と言われていますから、さすがにこれを事実と考える人はいないと思います。まあ、あくまで「神話」の世界の話ですから、あまり突っ込みを入れても仕方のないことかもしれません。

|

« 乙武洋匡氏の不倫騒動 雑感 | トップページ | 仙台も桜が満開となりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神武天皇2600年大祭:

« 乙武洋匡氏の不倫騒動 雑感 | トップページ | 仙台も桜が満開となりました! »