« 初めてのホームパーティ | トップページ | 山中伸弥教授を超えた森口尚史氏 »

2012年10月12日 (金)

「iPS心筋移植」報道について思う

読売新聞や日本テレビの「iPS心筋移植」報道は、京都大学・山中教授のノーベル賞受賞に水を差すニュースでした。

昨晩、たまたま日本テレビ系の夜のニュースを見ていたところ、この報道がトップ級で扱われていましたが、正直、「嘘でしょ?」と思いました。どこかのヤミ医者やヤミ研究員がコソコソ隠れて行った可能性はなくはないと思いましたが、ハーバード大学の倫理委員会の承認を経て、同大学系列のマサチューセッツ総合病院(MGH)で手術が行われたという話は、絶対に何かおかしいと感じていました。

それにしても、ちょっと裏を取ればすぐに嘘だと分かる内容であるのにもかかわらず、こういった報道が行われてしまうのは、なぜなのか? やはり報道関係に理科系の知見のある人材が圧倒的に不足していることが挙げられると思います。そのため、荒唐無稽な話にも直ぐに飛びついてしまうのでしょう。自分が良く分からない領域のことについては、きちんとした専門家の声に耳を傾けながら、自分の頭で判断する必要があると思います。

|

« 初めてのホームパーティ | トップページ | 山中伸弥教授を超えた森口尚史氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「iPS心筋移植」報道について思う:

« 初めてのホームパーティ | トップページ | 山中伸弥教授を超えた森口尚史氏 »