« 「iPS心筋移植」報道について思う | トップページ | パテント誌掲載原稿のチェックが無事終了! »

2012年10月15日 (月)

山中伸弥教授を超えた森口尚史氏

「iPS臨床問題」のマスコミ報道が、私の想像以上に過熱しています。Googleトレンドによると、検索キーワードでは、森口尚史氏が山中伸弥教授を超えてしまいました。

通常であれば、日本人のノーベル賞受賞者はしばらくマスコミに追いかけられるものですが、今回の動きは異常です。森口氏本人は有名になって嬉しそうですが、これ以上の報道は無意味だと思います。ペテン師一人相手に騒ぎ過ぎではないでしょうか。日本のマスコミのレベルの低さを改めて思い知りました。

Moriguchi

http://www.google.co.jp/trends/explore#q=%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E4%BC%B8%E5%BC%A5%2C%20%E6%A3%AE%E5%8F%A3%E5%B0%9A%E5%8F%B2&date=today%201-m&cmpt=q

|

« 「iPS心筋移植」報道について思う | トップページ | パテント誌掲載原稿のチェックが無事終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山中伸弥教授を超えた森口尚史氏:

« 「iPS心筋移植」報道について思う | トップページ | パテント誌掲載原稿のチェックが無事終了! »