« Twitter | トップページ | 釜山の写真! »

2009年12月24日 (木)

ソウルの写真!(その1)

昨日、最新のOSであるWindows 7がインストールされた新しいパソコンを購入し、無事にセットアップも終了しました。只今、その新しいパソコンでこの記事を書いています。新しいパソコンを買うことにしたのは、弁理士実務修習のe-ラーニングと執筆活動を円滑に進めるためです。(サクサク動いてくれるので、大変快適です!)

さて、本日はクリスマス・イブでしたが、私は九段下の読書会に参加してきました。思えば、受験生だった昨年は、高田馬場で予備校の答案練習会に参加していたように思います。

ところで、実務修習の起案提出などでバタバタしており、韓国の写真をUPしていませんでした。本日から4回に分けて掲載することにしますね。まずはソウルの前編です!

Img_1785

↑民主党の国会議員訪中団の北京行きの飛行機と時間が重なり、多くの報道陣でごった返す羽田空港。さすがに、ゲートの待合室には小沢幹事長は姿を現しませんでした。

Img_1799

↑ソウルの金浦空港に到着。いつの間にか地下鉄が開通していました。表示はハングルだらけで、英語や漢字がないことも結構ありました。完全にハングルを読めるようにしておいて助かりました。

Img_1832

↑世界遺産・宋廟にて。日韓併合まで朝鮮半島を支配していた李朝の墓所です。現在でも毎年5月に、李朝の子孫の人たちが儀式を執り行っているそうです。

Img_1863

↑ソウル駅前にあるソウル・スクエア・ビル。ビルの壁面に次々とアニメーションの映像が流れていきます。待ち合わせなどの暇つぶしになるのでは?

Img_1867

↑ソウル駅は近代的な駅に生まれ変わっていました。日本統治時代に東京駅をモデルに作られたソウル駅の旧駅舎は改修中でした。旧朝鮮総督府の建物は取り壊されましたが、なぜかしら、ソウル駅は歴史的建造物として保存されるようです。

Img_1874

↑放火事件で全焼した南大門。現在、復元工事中ですが、完全に全体が覆われていました。まるで巨大な倉庫のようです。

Img_1901

↑貞洞劇場のコリアン・ミュージカル「ミソ(美笑)」の看板。劇場内部は写真撮影できませんでした。韓国の伝統舞踊が現代風にアレンジされていて、純粋にエンターテインメントとして楽しめました。この写真にも出てくる男性主役は、元オウムの上祐さんにそっくり!

Img_1915

↑貞洞劇場近くにあったアート。上から押しつぶされたような不思議な像が沢山ありました。何を訴えかけようとしているのでしょうか?

Img_1938

↑新しいソウル駅の巨大なガラス面に、韓国語、中国語、英語の、3種類の巨大な看板が張り出されていました。「竹島(韓国名:独島)は、韓国の領土である」と主張していました。

Img_1933

↑英語の看板を拡大したもの。「Dokdo is Korean Territory.(独島は韓国の領土である。)」と書かれており、日本海ではなく、「East Sea(東海)」と書かれています。竹島(独島)は、日本と韓国の中間あたりにあるはずなのに、この地図では、どういうわけか、ものすごく韓国寄りに描かれています。こんなものを平気で掲げる感覚が私には理解できませんでした。

さて、次回は釜山編です!

|

« Twitter | トップページ | 釜山の写真! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70255/47107824

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルの写真!(その1):

« Twitter | トップページ | 釜山の写真! »