« 春川(チュンチョン)の写真! | トップページ | 良いお年を! »

2009年12月29日 (火)

ソウルの写真!(その2)と水原の写真!

韓国旅行の写真掲載も、いよいよ最終回です。

Img_2176

↑ソウル・清涼里駅の売店では、村上春樹の『1Q84』が売られていました。韓国でも売れているのでしょうか?(個人的には、村上春樹作品の良さが良く分かりません。)

Img_2417

↑仁寺洞(インサドン)のスターバックス・コーヒー。ここだけは店名がハングルで書かれています。でも、店内は普通のスタバと何ら変わりませんでした・・・。

Img_2446

↑夜遅くまで賑わいを見せる明洞(ミョンドン)。深夜まで開いている「ソルロンタン(韓国風コラーゲンスープ)」の店に入ったら、日本人だらけで驚きました。

Img_2442

↑明洞に新しくオープンしたお粥のお店。韓国内でも、色々と変な日本語を見てきましたが、これは酷い・・・。ゆっくり食べられるので、「スローフード」なのでしょうか?

Img_2469

↑世界遺産・昌徳宮の入り口。自由見学はできず、各言語ごとのツアーで回ることになっています。日本語ツアーの始まる午前9時半前に行ったら、既に大勢の日本人観光客が!写真に写っているのは、全体の列の3分の1くらいです。

Img_2492

↑日本語ガイド(写真中央の女性)に連れられて移動する日本人観光客。背後にそびえる建物は、昌徳宮の正殿である仁政殿。

Img_2506

↑昌徳宮の各宮殿の屋根に設置されている「魔除け」。一番左が三蔵法師で、その隣りが孫悟空であるとのことです。

Img_2522

↑後苑(秘苑)を代表する宙合楼。ドラマ『チャングムの誓い』にも何度か出てくる場所だそうで、チャングムマニアと思しき日本人のオバサンたちが、沢山写真を撮りまくっていました。

Img_2540

↑水原(スウォン)に向かうべく、ソウル駅でセマウル号に乗り込むところ。列車の前に突っ立っている美女は、単なる駅員さんでした。(コートを着込んでいるので乗客かと思ってしまいました・・・。)

Img_2544

↑セマウル号のカフェカー。私が覗いてみたときは、ほとんどガラガラでした。カウンターの奥にはゲーム機やインターネット端末や電話ボックスがありました。

Img_2563

↑わずか30分あまりで水原に到着。城郭で囲まれた華城が世界遺産となっています。写真は長安門。ここから城郭を一周しました。

Img_2572

↑城郭を回る前に、まず腹ごしらえ。水原名物の「王(ワン)カルビ」を頼んだのですが、あまりもの大きさにビックリしました。

Img_2582

↑城郭は「万里の長城」を小さくしたような感じでした。周囲約5キロの長さですが、アップダウンがかなりあって、歩いていると結構疲れます。ほとんど休憩を取らなかったのにも関わらず、一回りするのに、結局、2時間半も掛かってしまいました。

Img_2646

↑金浦空港の売店。いや、売店ではなく空港のビルにデパートが入っているといった方が正解。その割りには、ゲート内の免税店は、やたらに小さかったです。

以上です。なお、本日は、ひたすら実務修習のEラーニングに励もうかと思っています。また、明日は、オーストリアのウィーンから遊びに来ているドイツ人の旧友の東京観光に付き合うことになっています。

|

« 春川(チュンチョン)の写真! | トップページ | 良いお年を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70255/47143847

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルの写真!(その2)と水原の写真!:

« 春川(チュンチョン)の写真! | トップページ | 良いお年を! »