« 庶民感覚って? | トップページ | 渋谷でオオカミを発見! »

2008年10月24日 (金)

100万ドル札って?

架空の「100万米ドル」の紙幣を渡して信用させ、1億円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、映像制作会社役員が逮捕されたというニュースを耳にしました。米国でも100ドル札以上は流通しておらず、100万ドル札を信用するなんて、騙される方も騙される方だと思いましたが、良く調べてみると、かつては500ドルから10万ドルまでの高額紙幣も発行されていたことが分かりました。以下のサイトで画像付きで紹介されています。

$500 to $1,000 to $10,000 and Beyond: The Biggest Dollar Bills in United States History

このことを知っていたら、100万ドル札が存在するというホラ話も信じてしまうかもしれませんね。

Img_5538

ちなみに、私が個人的に所有している超高額紙幣は、1993年に旧ユーゴスラビアで発行された「100億ディナール」紙幣です。当時、欧州を旅行中に露天商から購入しました。セルビア人の天才発明家ニコラ・テスラが描かれています。これが現存する最高額紙幣だと思っていたのですが、その同じ年に、「5000億ディナール」紙幣までもが登場したとのことです。

最近の超高額紙幣としては、ハイパーインフレが起こっているジンバブエで、今年7月に発行された「1000億ジンバブエ・ドル」紙幣があります。

年間インフレ率220万%のジンバブエ、「1000億ドル札」が登場

しかしながら、この紙幣の発行された翌月に、ジンバブエ・ドルを100億分の1に切り下げるデノミが行われたので、今年7月に発行されたばかりの、この1000億ジンバブエ・ドル札は、現在では、わずか10ジンバブエ・ドルの価値しかないそうです(既に紙クズと化しているのでしょう)。でも、何とかして手に入れたいなあ・・・。

|

« 庶民感覚って? | トップページ | 渋谷でオオカミを発見! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100万ドル札って?:

« 庶民感覚って? | トップページ | 渋谷でオオカミを発見! »