最近のトラックバック

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月23日 (金)

カルロス・ゴーンの創作したクルマが意匠登録されていた!

日産自動車のカルロス・ゴーン会長逮捕のニュースが世間を騒がせています。

私も「知財ネタ」でひとつ情報提供したいと思います。特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」で調べてみたところ、ゴーン氏の発明・考案(特許・実用新案)はなかったものの、同氏が創作者のひとりとなっている登録意匠を1件見つけました(意匠登録第1152809号)。

Ghosn01

一見したところ、自動車のように見えますが、「意匠に係る物品」は「自動車おもちゃ」となっています。日産自動車と旧トミー(現在のタカラトミー)が共同で権利化したもので、登録料が途中から支払わなくなったことから、今から5年前の2013年に権利は消滅しています。

出願に至る経緯を調べてみたところ、2001年の「第2回大阪モーターショー」における当時のトミーのブースで、「カルロス・ゴーン氏が考える20年後の未来カー『NEOZERO(ネオゼロ)2020』」として展示されていたことがわかりました。ルーフからリアにかけてソーラーパネルを装備して太陽エネルギーを動力とすることなどが書かれています。ソーラーカーの実用化はまだ難しいので、ゴーン氏の予測どおりにはならない可能性が高そうです。

株式会社トミーのニュースリリース(平成13年11月22日)
https://www.takaratomy.co.jp/product_release/pdf_tomy/01/p2001_022.pdf

なお、ゴーン氏のプロフィールには、「プライベートでは3人の娘と1人の息子の良き父親であり、今年度のイエローリボン賞(BEST FATHER OF THE YEAR)を受賞」とあります。ですが、同氏は2015年に離婚し、翌年には別の女性と再婚。前妻とはいまだにレバノンで裁判を続けています。今回の逮捕がなかったとしても、「家庭人」としても成功していたようには到底思えません。人生とは難しいものです。

2018年11月22日 (木)

仙台市役所での講演が無事終了!

本日午後、仙台市役所において「広報業務における知的財産権の保護について」と題する講演を行いました。好評を博した昨年に引き続いての開催です。著作権法改正の最新動向についてもお話をさせていただきました。参加者の方々にとって有意義な内容であったことを願っています。

18112301

18112302

18112303

2018年11月 6日 (火)

新旧元号の商標登録は不可 政府、便乗商法防止を狙う

「The News Masters TOKYO」にコラムを投稿しました。

http://www.joqr.co.jp/nmt/column/post-579.php

Nmt181106

2018年11月 4日 (日)

『華氏119』(Fahrenheit 11/9)を見に行きました!

昨晩、仙台・北四番丁にある映画館「フォーラム仙台」に、マイケル・ムーア監督の最新作『華氏119』を見に行きました。米国在住時にムーア監督の作品は何本か見たのですが、じつは日本で見るのは今回が初めてです。

2時間を超える作品ですが、テンポ良く進みます。トランプ叩きに終始するのではなく、民主党やマスコミにも矛先を向けながら米国の病巣を炙り出す内容でした。

気になったのは、これまでの作品と比べてユーモアが多くは盛り込まれておらず、ムーア監督自身にもあまり余裕が感じられなかったことです。それだけ米国の民主主義の現状に危機感を抱いていることの表れかもしれません。

日本や欧州にも似たような問題があります。果たして世界はどこに向かっていくのでしょうか? 色々と考えさせられる映画でした。

F119

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: こうして知財は炎上する―ビジネスに役立つ13の基礎知識 (NHK出版新書 558)

    稲穂 健市: こうして知財は炎上する―ビジネスに役立つ13の基礎知識 (NHK出版新書 558)
    アマゾン、いきなり! ステーキ、任天堂など、一流企業はなぜ権利にこだわるのか。ひこにゃん騒動から漫画村まで、何が問題でどう対処すればよかったか。知財啓発の第一人者が、身近な最新事例をもとに、セーフとアウトの線引きと、複雑化する知的財産権の現状をわかりやすく解説。楽しみながら「トラブルの防ぎ方」が学べる実践的入門書! (★★★★★)

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)