最近のトラックバック

« 日本知財学会での発表が無事終了! | トップページ | 早稲田大学オープンカレッジが講座申込を受付中! »

2017年12月 4日 (月)

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました!

関係者の方から招待券をいただいていたこともあり、先ほど、六本木ヒルズで開催されている「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました。

村上隆氏や蜷川実花氏など計28組のアーティストが制作した「ドラえもん」をモチーフにした様々な作品が展示されていました。一部の作品(映像作品など)を除き、写真も自由に撮れるようになっており、SNSでのシェアを推奨していたのは興行的には正しい判断だと思います。藤子・F・不二雄氏の作品の「二次的著作物」という位置づけとなるため、ギフトショップで売られていたお土産にも、アーティストと藤子プロの著作権表示が併記されていました。その場でライセンス料の分配割合のことが気になったのは、私の職業病かもしれません。

また、オリジナルを相当程度に改変している作品も目立ちました。藤子・F・不二雄氏がご存命であれば、「意に反する改変」は「著作者人格権」の侵害となりますし、本人の死後も同権利の侵害に該当するような行為は遺族が差し止めることなどができるようになっています。ですから、遺族の許可が得られれば、基本的には問題ありません(藤子プロから別途、複製権・翻案権などの許諾を受ける必要はありますが…)。

気になるのは、遺族の意思と亡くなった本人の意思が同じであるとは限らない点です。たとえば、仮に故人が村上隆氏のことが大嫌いで同氏とは絶対にコラボしたくないと考えていたとして、そのことを示す手紙などが出てきたら、いったいどうなるのでしょうか?

Dora01

Dora02

Dora03

« 日本知財学会での発表が無事終了! | トップページ | 早稲田大学オープンカレッジが講座申込を受付中! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70255/66120975

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました!:

« 日本知財学会での発表が無事終了! | トップページ | 早稲田大学オープンカレッジが講座申込を受付中! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)