« 文化放送「The News Masters TOKYO」出演が無事終了! | トップページ | 『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の発売から半年が経過! »

2017年8月20日 (日)

中国地方と南九州に行ってきました!

今年の夏季休暇は、前半を中国地方(広島、山口、鳥取、島根)、後半を南九州(鹿児島、宮崎)で過ごしました。Instagramで投稿した写真の一部を16枚ほどアップいたします。

Ck01_2

↑原爆ドーム

Ck02

↑宮島・厳島神社の大鳥居と鹿

Ck03

↑山口・岩国の錦帯橋

Ck04

↑呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)に展示されている10分の1の大きさの戦艦「大和」

Ck05

↑鳥取砂丘・砂の美術館

Ck06

↑鳥取県境港市の「水木しげるロード」に立つ「ねずみ男」のブロンズ像

Ck07

↑夜の松江城

Ck08

↑出雲大社。良いご縁に恵まれますように…。

Ck09

↑石見銀山

Ck10

↑秋芳洞の百枚皿

Ck11

↑薩摩藩主島津氏の別邸だった仙厳園から望む桜島

Ck12

↑鹿児島市発祥の氷菓「白くま」の老舗として有名な「天文館むじゃき」で頼んだカキ氷。上から見ると白熊の顔に見えるそうです。

Ck13

↑ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)が祀られている霧島神宮

Ck14

↑鹿児島県南九州市の「知覧特攻平和会館」の前に設置された特攻像「とこしえに」を見つめる母の像。特攻隊員の遺書は涙なしには読めません。

Ck15_2

↑宮崎市にある「道の駅フェニックス」から見た「鬼の洗濯板(鬼の洗濯岩)」

Ck16_2

↑宮崎市のヤシ並木

« 文化放送「The News Masters TOKYO」出演が無事終了! | トップページ | 『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の発売から半年が経過! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70255/65689924

この記事へのトラックバック一覧です: 中国地方と南九州に行ってきました!:

« 文化放送「The News Masters TOKYO」出演が無事終了! | トップページ | 『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の発売から半年が経過! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)