« 弁理士会館での研修会が無事終了! | トップページ | 明治の登録商標「カール」の謎 »

2017年5月23日 (火)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が『特技懇』誌で紹介されました!

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が、特許庁の技術系職員(審査官・審判官等)とそのOBから構成される「特許庁技術懇話会」の機関紙である『特技懇』(2017年5月号、No.285)で紹介されました。

「入門」とのタイトルを見ると、知財専門家にとっては不要な書籍だろうと門前払いしてしまいがちだが、いわゆる入門書とは異質の独特な構成であり、気軽な読み物として手に取ってみたい一冊である。

この一文で始まる書籍紹介では、私の執筆時の意図を的確に捉えた丁寧な説明がなされていて、著者として大変嬉しく思いました。また、大変ありがたいことに、この記事を読んだ方から「購入しました」といったご報告も受けました。より大勢の方々に読まれる本となることを願っています。

Img_6190

Img_6191

« 弁理士会館での研修会が無事終了! | トップページ | 明治の登録商標「カール」の謎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70255/65319900

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が『特技懇』誌で紹介されました!:

« 弁理士会館での研修会が無事終了! | トップページ | 明治の登録商標「カール」の謎 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)