最近のトラックバック

2016年8月17日 (水)

函館に行ってきました!

今年のお盆休みは、北海道新幹線に乗って函館に行ってきました。函館を訪れるのは、2000年8月以来、ちょうど16年ぶりでした。日本人が多いのは仕方がないのですが、中国人観光客も大勢いて驚かされました。また、今回初めて、松前と江差も訪れました。

以下、写真を12枚ほどアップいたしますね。

Img_3548s

↑まず、市電で五稜郭へ。五稜郭タワーからの眺めです。

Img_3559s

↑いつの間にか、五稜郭の中に函館奉行所が復元されていました。

Img_3574s

↑市電「箱館ハイカラ號」。一日に数台しか走っていません。

Img_3614s

↑八幡坂。坂の上はカメラを構えた人でごった返していました。

Img_3655s

↑函館朝市「きくよ食堂」の名物「巴丼」。なかなか美味しかったです。

Img_3677s

↑「北方民族資料館」のコロポックル(アイヌの伝承に登場する小人)の像。

Img_3684s

↑旧函館区公会堂。ハイカラ服を来て記念撮影する女性たち。

Img_3713s

↑函館山からの夜景。展望台は大勢の観光客でごった返していました。

Img_3761s

↑北海道唯一の和式城郭「松前城」。戊辰戦争で土方歳三らの攻撃により落城。

Img_3779s

↑江差追分会館での実演。色々な展示もあって勉強になりました。

Img_3797s

↑新函館北斗駅に立つ「北斗の拳」の主人公・ケンシロウの銅像。

Img_3798s

↑新函館北斗駅から見える「田んぼアート」。函館の名を冠した駅の前とは思えません。

2016年8月 8日 (月)

「仙台七夕まつり」が終わりました!

本日をもって、3日間続いた仙台七夕まつりが終わりました。今回は、私に会いに来てくれたカリフォルニア時代の同僚と一緒に見て回りました。とても蒸し暑かったですが、興味深い笹飾りを楽しむことができて良かったです。早くも来年が楽しみです。

目を引いた笹飾りをいくつかご紹介いたします。今年は「東北ずん子」の笹飾りがなくて、ちょっと残念…。

Img_4939s

(↑ピカチュウの笹飾り。ポケモンGOでピカチュウは現れませんでした)

Img_4948s

(↑「銀座・山野楽器」の笹飾り。楽器をイメージしているのでしょうか?)

Img_4958s

(↑『ジョジョの奇妙な冒険』の笹飾り。なぜか撮影している人がいっぱい)

Img_4961s

(↑藤崎百貨店の笹飾り。8万8千羽の折り鶴でできています)

Img_4963s

(↑「東北大学生」と書かれた笹飾り。東北大学の授業の一環で作られたそうです)

Img_4971s

(↑「スマイルホテル国分町」の笹飾り。スマイルマークが不気味すぎる)

Img_4978s

(↑金賞を受賞したという笹飾り。もっとも定禅寺通側にあります)

Img_4989s

(↑かまぼこの鐘崎の笹飾り。昨年に続いて非常にユニークなデザインです)

2016年8月 5日 (金)

今年も「仙台七夕まつり」が始まります!

本日は「仙台七夕まつり」の前夜祭の花火大会「第47回仙台七夕花火祭」でした。自宅のベランダから見える花火は美しかったです。明日からは笹飾りを見て楽しみます。

Img_3460s_2

Img_3459s_2

Img_3458s

Img_3443s

Img_3410s_2

2016年8月 1日 (月)

『シン・ゴジラ』を見に行きました!

先ほど、仙台駅前の「仙台パルコ2」にある「東宝シネマズ仙台」に行ってきました。

「東宝シネマズ仙台」は「仙台パルコ2」と同時にオープンした新しいシネコンです。今まで一番近いシネコンが太白区の長町南で、わざわざ地下鉄に乗る必要があったので、自宅から徒歩10分という近さがとてもありがたいです。

本日が1日(ファーストデイ)で終日1,100円という割引設定で、また、土日が丸々執筆活動で潰れてしまったこともあり、初めてここで映画を見ることにしたわけです。

私が選んだ映画は『シン・ゴジラ』。今までたくさんのゴジラ映画を見てきましたが、予想以上に面白かったです。特に、政治家や官僚のやり取りはコミカルにさえ感じましたが、不思議なリアリティがありました。監督が庵野秀明だから仕方がないのですが、エヴァンゲリオンや巨神兵を彷彿させるシーンも多かったです。

米国から日本に戻ってきてから仙台に引っ越すまで暮らしていた品川区、大田区、川崎市といった私のかつての生活圏にゴジラが出現。映画を見ながら何とも不思議な気分となりました。

Singozilla_sashikae2

2016年7月14日 (木)

天皇陛下が生前退位のご意向 雑感

昨日から大きく報道されているように、天皇陛下が生前退位のご意向をお持ちとなっていることが明らかとなりました。個人的にはご本人のご意向に沿う方向性で問題ないのではないかと思っています。

テレビのニュース番組などを見ていると、退位後の呼び方が話題になっています。皇室典範で定義されていなくても、すでに「上皇(太上天皇)」という歴史的な呼称があるのですから、それにしたがえば良いだけのような気がします。なお、日本史では「法皇」も登場しますが、これは「出家した上皇」のことなので、上皇に含まれます。

かつては政治の都合で勝手に天皇を入れ替えたり、引退した天皇が上皇として「院政」を行うなどの弊害もありましたし、皇統が分裂した南北朝時代もありました。また、極めてレアなケースですが、上皇が再び天皇に即位する重祚(ちょうそ)が行われたり、息子が天皇に即位したことでいきなり上皇に棚上げになった皇族もいました。ちなみに、上皇が5名いた時期もあります。ここまで増えると、まるで総理経験者や社長経験者のようです。

歴史を振り返ると、確かに様々な混乱があったようです。しかしながら、「きわめて高齢の定年制」に限定するなど生前退位できる条件をかなり狭めるだけでも、前述したような混乱を回避することはじゅうぶん可能なのではないかと思っています。

2016年7月 1日 (金)

知財業界でホットなもの(弁理士の日特別企画)

本日7月1日は「弁理士の日」です。「弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/)を主催するドクガク氏から、「弁理士の日」を盛り上げるべく、今年は「知財業界でホットなもの」というお題を与えられました。

知財業界で話題となっているものを真正面から取り上げても面白くないので、今回は、私が現在執筆している新作に絡む内容を取り上げることにします。

知的財産権と言えば、特許権や商標権などの産業財産権や、著作権のほか、種苗法による育成者権などが頭に思い浮かぶと思います。しかしながら、「知財らしきもの」の存在も無視できません。

たとえば、いわゆる「ビッグデータ」もそのひとつです。データひとつひとつは利用価値がなくても、たくさん集まることで意味のあるものとなります。典型的なのが、臨床試験データですが、これを知的財産として明確に位置付けると、被験者個人の無償の協力で成り立っている制度との矛盾が生じてしまいます。

次に、いわゆる「所有権の拡大解釈」です。今年の新書大賞に選ばれた『京都ぎらい』(井上章一著、朝日新書)にもあるように、京都の有名寺院は、お寺の写真を雑誌媒体などで使用するのにあたり、「志納金」を要求しています。ご存じのとおり、古い建築物の著作権は切れていますし、そうでなくても屋外に恒常設置された建築の著作物には著作権は及びません。「物のパブリシティ権」も最高裁で否定されています。

さらに、美術書などを見るとわかりますが、中世に描かれた絵画であっても、出典表示に「著作権表示」されているものがあります。「著作権」が存在しないのを知りながら、出版社が、あえてそう表示している事情があることもわかりました。

このように、今話題のAI創作物や前述した「ビッグデータ」のように、知的財産制度を変えていくであろう「知財らしきもの」と、「所有権の拡大解釈」のような法的根拠が薄弱な「知財らしきもの」双方の行方については、今後も目が離せません。

「知財らしきもの」の話題は、今回の作品の約4分の1くらいを占めることになると思います。出版予定は今年末です。楽しみにしていてくださいね。

2016年6月25日 (土)

英国EU離脱について思う

ご存知のとおり、英国の国民投票でEU(欧州連合)離脱派が勝利したことで、世界が大混乱に陥っています。

英国は1991年に私が訪れた最初の外国であり、また、翌1992年のドイツ留学時に、EC(欧州共同体)がEU(欧州連合)になっていくプロセスを間近に見ていたので、当時の地道な積み重ねが台無しになってしまうかもしれない今回の動きについては、大変残念に感じています。

当時私が住んでいたドイツのアーヘンから、EU条約が締結されたオランダのマーストリヒトまでバスで1時間程度だったこともあり、週末に日帰りで旅行に出かけたのは懐かしい思い出です。オランダ側のバスだったため、ドイツ・マルクで支払いができず、わざわざオランダ・ギルダーに両替しました。(当時はユーロがまだありませんでした。)

今回の結果は僅差であり、首都ロンドンやスコットランド、北アイルランドでは残留派が多かったですし、24歳までの若者層では7割以上が残留を希望していたという調査結果もあります。様々な背景や事情を持つ国民がいる中で、安易に「国民投票→過半数で決定」というプロセスに頼ることの危険性も、今回改めて明らかとなりました。

Brexit_2
(出典:BBC News)

20世紀最大の社会実験とされるソビエト連邦を中心とした社会主義体制は100年も経たずに崩壊しましたが、果たしてEUは今後どうなるのでしょうか?

2016年6月 7日 (火)

ドローンで見る東北大学片平キャンパス

私の勤務する東北大学・片平キャンパスのプロモーション映像をご紹介します。

桜の咲いた頃に撮影され、GW明けにアップされました。

仙台が田舎だと勘違いしている人にぜひ見てもらいたいです。(仙台に地下鉄があることを知らない人や、仙台が豪雪地帯だと信じて疑わない人が少なくないことに驚いています。)

2016年5月25日 (水)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III』を観てきました!

2週間の期間限定で公開されている『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』を「MOVIX仙台」で観てきました。

モビルスーツはほとんど登場しませんが、シャアがダークヒーローぶりを存分に発揮し、期待を裏切らない内容でした。劇場の入口では上映記念の「コマフィルムセット」を配っていて、私がもらったのは「シャアとガルマ」でした。

ちなみに、三大都市圏以外では、札幌、仙台、福岡の三都市でしか上映されていないのですが、レイトショーだったとはいえ、客が10名くらいしか入っていませんでした。今後も仙台で上映してくれるのでしょうか?

Img_4744

Img_4749

2016年5月22日 (日)

今まで訪問した70カ国の色塗り!

70カ国目であるウズベキスタンを訪問し、ネット上の無料サービスを使って今までの訪問国を色塗りしてみました。こうやって見ると、北欧、中東、アフリカに未踏の地の多いことがわかります。(この地図では、日本を含んでいるため、訪問国数が71になっています。)

Worldmap

«ウズベキスタンの写真!

いなぽんの本

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 勝手に使うな!知的所有権のトンデモ話 (講談社プラスアルファ新書)

    稲森 謙太郎: 勝手に使うな!知的所有権のトンデモ話 (講談社プラスアルファ新書)
    どこまでが許されて、どこから訴えられるのか!!キューピー、ポパイ、スターバックスとエクセルシオール・カフェ、シャネル、j-phone.co.jp……有名なキャラクターやデザイン、ドメイン名をめぐる事件の顛末! (★★★★★)

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

無料ブログはココログ

Google AdSense


  • Google
    Web inapon.cocolog-nifty.com
    inapon.com