2017年5月23日 (火)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が『特技懇』誌で紹介されました!

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が、特許庁の技術系職員(審査官・審判官等)とそのOBから構成される「特許庁技術懇話会」の機関紙である『特技懇』(2017年5月号、No.285)で紹介されました。

「入門」とのタイトルを見ると、知財専門家にとっては不要な書籍だろうと門前払いしてしまいがちだが、いわゆる入門書とは異質の独特な構成であり、気軽な読み物として手に取ってみたい一冊である。

この一文で始まる書籍紹介では、私の執筆時の意図を的確に捉えた丁寧な説明がなされていて、著者として大変嬉しく思いました。また、大変ありがたいことに、この記事を読んだ方から「購入しました」といったご報告も受けました。より大勢の方々に読まれる本となることを願っています。

Img_6190

Img_6191

2017年5月21日 (日)

弁理士会館での研修会が無事終了!

5月19日(金)、東京・霞が関の弁理士会館で開催された弁理士クラブ主催の研修会「弁理士による知財教育・知財啓蒙 ~出版を通じた実践的な戦略~」は無事に終了しました。

参加者の方々が今後セミナーや研修講師をする際にお役に立つような情報提供ができたことを願っています。

また、当日たまたま『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)を10冊持参していたのですが、その場で完売となり、有り難い限りです。休憩時間はほとんどサイン会となってしまいました。開催側のスタッフの皆様、大変お世話になりました。

Benku

2017年5月14日 (日)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が、「HKT48 渡辺通1丁目 FMまどか まどかのまどから」(FM FUKUOKA)‏で紹介されました!

約1ヶ月前となってしまうのですが、4月6日(木)に、福岡のラジオ局「FM FUKUOKA」の「HKT48 渡辺通1丁目 FMまどか まどかのまどから」において、『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が紹介されました。

FM FUKUOKAさんがご丁寧にYoutubeのリンクを教えてくださいましたので、以下に記します。20:30~26:07あたりの「カイタイ新書」という新コーナーの第一弾として、森保まどかさんが拙著を紹介してくれています。

その後、週替メンバーの多田愛佳さんが、「知財はやっぱりわかんない、まだ…。なんか教科書を読んでるみたいな気持ちになって、眠くなってきちゃったよ。すごい眠くなった」と発言したので、一瞬ドキッとしたものの、「けど、『どこでもドア』とか馴染みのある言葉が並べられてると、ちょっといいな、と思いますね」というフォローもあり、少しホッとしました。

https://youtu.be/8V8HN4Nk7J0

Hkt

2017年5月13日 (土)

Date fm(エフエム仙台)「J−SIDE STATION」への出演が無事終了!

昨日、Date fm(エフエム仙台)の「J−SIDE STATION」にお邪魔し、パーソナリティの石垣のりこさんとお話をしてきました。

話題の中心は、もちろん、私の最新作『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)です。ちょっと「知財オタク」っぽい話となってしまいましたが、リスナーの方々が楽しめる内容であったことを願っています。

写真は、のりポンといなぽんのツーショットです!

Datefm

2017年5月10日 (水)

【再掲】 5/19(金)18:50~、弁理士会館で研修講師を務めます!

5/19(金)18:50~21:00に、弁理士クラブの研修会で講師を務めることになりました。講座名は「弁理士による知財教育・知財啓蒙 ~出版を通じた実践的な戦略~」で、開催場所は弁理士会館です。有料となりますが、ご興味のある方はご検討ください。

なお、申込みの締切りは5/17(水)です。

https://www.benku.org/secure/apply/single.cgi?member=2&id=104&form_stat=1

2017年5月 9日 (火)

5/11、Date fm(エフエム仙台)「J-SIDE STATION」に出演します!

5月11日(木)の午後、Date fm(エフエム仙台)の「J-SIDE STATION」にゲスト出演することになりました。具体的には、最新作『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)で取り上げている題材を中心に、パーソナリティの石垣のりこさんと歓談します。残念ながら、出演時間は非常に短く、14時35分からの約10分程度となる予定です。宮城県及び近県の方々には、ぜひお聴きいただければと思います。

2017年5月 8日 (月)

スリランカに行ってきました!

今年のGWは、72番目の訪問国として、南アジアに位置する「スリランカ」を訪れました。国名は「光り輝く島」という意味です。

観光名所として知られる文化三角地帯(アヌラーダプラ、ポロンナルワ、シーギリヤ・ロック、ダンブッラの石窟寺院)のほか、古都キャンディの仏歯寺、ゾウの孤児園などを訪れました。

特に印象深かったのは、かつてその頂上に王宮が築かれたこともある岩山「シーギリヤ・ロック」です。王宮時代の壁画や建造物も残されていて、単なる岩登りではない感動を味わいました。

以下、写真を15枚ほどアップいたしますね。

Img_4921s

↑アヌラーダプラのルワンウェリ・サーヤ大塔。無数のゾウで囲まれています。

Img_5119s

↑ポロンナルワのガル・ヴィハーラ。一枚岩に4体の仏像が彫られています。

Img_5154s

↑シーギリヤ・ロック。195mもあります。ウェスティン仙台よりも高いです。

Img_5177s

↑シーギリヤ・ロックに設けられた鉄製の階段。一部らせん状になっています。

Img_5224s

↑シーギリヤ・ロックの途中にある「ライオンの入口」。前足だけが残っています。

Img_5217s_2

↑シーギリヤ・ロックの頂上近くにまで猿が上がってきていました。

Img_5207s

↑シーギリヤ・ロック頂上の王宮跡。約1500年前に築かれました。

Img_5261s

↑ダンブッラの石窟寺院。巨大な石窟の中は仏像と壁画だらけです。

Img_4908s

↑たくさんのカタツムリのように見えるシンハラ文字。まったく読めません。

Img_5379s

↑シンハラ王朝最後の都だったキャンディ。仏歯寺が湖のほとりにあります。

Img_5472s

↑スリランカを代表する芸能であるキャンディアン・ダンスの上演の様子。

Img_5515s

↑三輪タクシー(トゥクトゥク)。この国では移動手段としてまだまだ健在です。

Img_5547s

↑ピンナワラのゾウの孤児園の近くにある川で水浴びをするゾウたち。

Img_4860s

↑「ゾウ出没注意」の道路標識。本当にゾウが路側を歩いていました。

Img_5605s

↑スリランカ最大の都市であるコロンボは高層ビルの建設ラッシュでした。

2017年5月 7日 (日)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が日本経済新聞で紹介されました!

昨日5月6日の日本経済新聞の朝刊の書評コーナー(第21面)にて、『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が紹介されました。読売新聞に続いて、日本経済新聞でも取り上げていただき、誠にありがたいことです。

今年のGWはスリランカに旅行に出ており、昨日帰国したところでしたので、早速、成田空港で購入しました。

なお、同新聞電子版のリンクは次のとおりです。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15995670S7A500C1MY7000/

Nikkei

2017年4月28日 (金)

東洋経済オンラインにてTKO木本武宏さんとの対談が掲載!

東洋経済オンラインにおいて、TKO木本武宏さんとの対談が、4/14、4/21、4/28の3回に分けて掲載されました。何のシナリオもなく、いきなりぶっつけ本番だったこともあり、様々な権利に話が飛びまくりましたが、奇麗にまとめていただいたライターの方には感謝いたします。

第1回:慶應義塾が「福澤諭吉」を商標登録できた理由
なぜ「諭吉」がOKで「龍馬」がNGなのか?
http://toyokeizai.net/articles/-/167156

第2回:志村けん「アイーン」をパクったら違法なのか
一発芸は知財として保護される?されない?
http://toyokeizai.net/articles/-/167407

第3回:SMAPの商標権は「かつお節」にまで及んでいる
ジャニーズ事務所の知財戦略は何が凄いのか
http://toyokeizai.net/articles/-/167409

2017年4月25日 (火)

5/19(金)18:50~、弁理士会館で研修講師を務めます!

5/19(金)18:50~21:00に、弁理士クラブの研修会で講師を務めることになりました。講座名は「弁理士による知財教育・知財啓蒙 ~出版を通じた実践的な戦略~」で、開催場所は弁理士会館です。有料となりますが、ご興味のある方はご検討ください。

https://www.benku.org/secure/apply/single.cgi?member=2&id=104&form_stat=1

«『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が読売新聞で紹介されました!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)