最近のトラックバック

2017年12月11日 (月)

東京五輪マスコット候補を公表 3作品、小学生投票で選考

「The News Masters TOKYO」にコラムを投稿しました。

http://www.joqr.co.jp/nmt/column/1211.php

Nmt1211

 

2017年12月10日 (日)

「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました!

昨日、東京・神楽坂で開催中の「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました。著作権に関わる問題提起をしてきた岡本光博氏による「見覚えのあるキャラクターの水死体らしきもの」が展示されていました。説明員の方によると、権利者の許可は取っておらず、また、今のところクレームも来ていないとのことでした。

Dozaemon

2017年12月 5日 (火)

早稲田大学オープンカレッジが講座申込を受付中!

私が講師を務める早稲田大学オープンカレッジ(公開講座)の冬学期の一般受付が本日から開始されました。

来年2月10日(土)から3月3日(土)にかけての毎週土曜日の計4回の講義で、時間は15:00~16:30の90分間です。場所は東京都中野区の中野キャンパスとなります。学生に限定されず、どなたでも学ぶことが可能です。

私の著作をお読みになって、知的財産のことをより詳しく知りたいと思われた方々のご受講をお待ちしております。また、興味を持ちそうなご友人・お知り合いの方にもお薦めいただけると嬉しいです。(以下に申込ページのリンクを示しておきました。)

https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/41585/

Waseda

2017年12月 4日 (月)

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました!

関係者の方から招待券をいただいていたこともあり、先ほど、六本木ヒルズで開催されている「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を見に行きました。

村上隆氏や蜷川実花氏など計28組のアーティストが制作した「ドラえもん」をモチーフにした様々な作品が展示されていました。一部の作品(映像作品など)を除き、写真も自由に撮れるようになっており、SNSでのシェアを推奨していたのは興行的には正しい判断だと思います。藤子・F・不二雄氏の作品の「二次的著作物」という位置づけとなるため、ギフトショップで売られていたお土産にも、アーティストと藤子プロの著作権表示が併記されていました。その場でライセンス料の分配割合のことが気になったのは、私の職業病かもしれません。

また、オリジナルを相当程度に改変している作品も目立ちました。藤子・F・不二雄氏がご存命であれば、「意に反する改変」は「著作者人格権」の侵害となりますし、本人の死後も同権利の侵害に該当するような行為は遺族が差し止めることなどができるようになっています。ですから、遺族の許可が得られれば、基本的には問題ありません(藤子プロから別途、複製権・翻案権などの許諾を受ける必要はありますが…)。

気になるのは、遺族の意思と亡くなった本人の意思が同じであるとは限らない点です。たとえば、仮に故人が村上隆氏のことが大嫌いで同氏とは絶対にコラボしたくないと考えていたとして、そのことを示す手紙などが出てきたら、いったいどうなるのでしょうか?

Dora01

Dora02

Dora03

2017年12月 3日 (日)

日本知財学会での発表が無事終了!

今週末、東京都世田谷区の国士舘大学において、「日本知財学会 第15回年次学術研究発表会」が開催されました。 私も初日の午前中に発表をさせていただきました。聴衆の方が多くて多少緊張しましたが、何とか無事に終了することができました。

なお、国士舘大学に来るのは初めてでしたが、イメージとは異なり閑静な住宅街に位置するモダンなキャンパスでした。

Kokushikan01_4

Kokushikan02_4

Kokushikan03_4

2017年11月25日 (土)

バイオリンの発表会が終わりました!

本日はバイオリンの発表会でした。演奏したのは「美女と野獣」。初めてポジション移動を伴う曲にチャレンジしました。完成度としては不満も残りましたが、何とか弾き終えることができました。

思えば、Klaus Ludwig Clementのバイオリンを購入したのは2年前の発表会の前。既に発表会も3度目となりますが、今後もさらに精進したいです。なお、私としては珍しく、今回は打ち上げの二次会にも参加してしまいました。交流してくださった皆様、ありがとうございました。

Violin

2017年11月 8日 (水)

ナイキ、オランダで税逃れ 回避地使い7千億円蓄積

「The News Masters TOKYO」にコラムを投稿しました。

http://www.joqr.co.jp/nmt/column/11.php

Nmt1108

2017年11月 1日 (水)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の紹介記事(『特技懇』)が公開されました!

特許庁の技術系職員(審査官・審判官等)とそのOBから構成される「特許庁技術懇話会」の機関誌である『特技懇』(2017年5月号、No.285)に掲載された『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の紹介記事が、同誌のホームページでも公開されました。

以下にリンクを示しましたので、ご興味を持たれた方はぜひご覧いただければと思います。

http://www.tokugikon.jp/gikonshi/285/285book.pdf

Tokugikons2

2017年10月30日 (月)

来年2月、早稲田大学オープンカレッジで講師を務めます!

来年の話となりますが、2月10日(土)から3月3日(土)にかけて4週間連続で、早稲田大学オープンカレッジで講師を務めることになりました。公開講座ですので、学生に限定されず、どなたでも学ぶことができます。会員の方は11月7日(火)から、一般の方は12月5日(火)から申し込むことができます。

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)を指定テキストとしました。拙著を読んでさらに深く知的財産のことを知りたいと思われた方々のご受講をお待ちしております。また、興味を持ちそうなご友人・お知り合いの方にもお薦めいただけると嬉しいです。

Wx02_3

2017年10月26日 (木)

文化放送「The News Masters TOKYO」出演が無事終了!

本日朝、小山武明さん(パーソナリティ)と小尾渚沙アナウンサー(アシスタント)による文化放送のラジオ番組「The News Masters TOKYO」に、午前8時台のニュースマスターとして出演しました。

「音の商標」など主に商標の話を中心にお話をさせていただきました。時間も限られていたため、ご説明できないこともたくさんありましたが、リスナーの方々にとってわかりやすい内容であったことを願っています。

22859747_10155064913159632_78980387

22770687_10155064913554632_35645471

«10/26、文化放送「The News Masters TOKYO」に出演!

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)