2017年7月14日 (金)

7/21(金)夜、「第41回知財系読書会」にゲスト参加します!

7月21日(金)19:00-21:00に東京都中央区の佃区民館で開催される「第41回知財系読書会」にゲスト参加することになりました。『楽しく学べる「知財」入門 』(講談社現代新書)を課題図書とした意見交換会となるようです。

初めての方や知財関係者でない方でもOKとのこと。私が声を掛けてご参加いただく方については、取りまとめて主催者側にお伝えすることになりましたので、事務局ではなく、私宛てに直接ご連絡いただければと思います。拙著をお持ちいただければ、もちろん喜んでサインいたします。

http://socialreading.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

2017年7月13日 (木)

宮城県庁での講演が無事終了!

本日午後に宮城県庁で開催された「平成29年度宮城県広報研修会(前期)」における「広報業務における著作権等の留意点について」と題した講演が無事終了しました。

県及び市町村職員100名以上の方々にお集まりいただきました。90分という短い時間でしたが、参加者の方々にとって有意義な内容であったことを願っています。

Miyagi01

Miyagi02

2017年7月 1日 (土)

知財業界の職業病(弁理士の日特別企画)

本日7月1日は「弁理士の日」です。「弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/)を主催するドクガク氏から、「弁理士の日」を盛り上げるべく、今年は「知財業界の職業病」というお題を与えられました。

正直なところ、たとえば特許担当者であれば、「言語表現に異常なこだわりを見せる」とか、「座ってばかりいて腰を痛める」など、無難なものしか思い当たりません。

ちょっと困ってしまって、『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の読者レビューを眺めてみたところ、「読んだ後は普段目にするいろんな表現や技術のニュースが以前と違って見えるのもおもしろかった」というものを見つけました。

拙著は「知財業界の入口」を示しているに過ぎませんが、このような読了後の意識の変化を見ると、「身のまわりで見聞きするものを、何でもかんでも知財に結び付けて考えてしまう」というのが、知財業界の職業病のような気がします。

2017年6月25日 (日)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が河北新報で紹介されました!

宮城県を中心とした東北地方のブロック紙である『河北新報』(2017年6月25日朝刊)において、『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が紹介されました。記事の見出しは「「模倣」に焦点当て解説」です。

東京や大阪などの大都市圏と比較すると、残念ながら、東北はまだまだ知財に関する意識が低いと感じざるを得ませんが、拙著によって、東北の方々にも知財の身近さやその重要性を認識していただけることを願っています。

http://www.kahoku.co.jp/special/spe1183/20170625_02.html

Kahoku_sm

2017年6月22日 (木)

「いなぽんの北朝鮮旅行記」をUPしました!

北朝鮮に2016年1月から拘束されていた米国人学生のオットー・ワームビアさんが、昏睡状態のまま米国に帰国し、その後死亡したというニュースは世界を震撼させました。

ワームビアさんが拘束された理由は、旅行中に滞在していた平壌のホテルで政治的スローガンが書かれたポスターを盗んだというものでした。

じつを言うと、私も今から18年前の1999年に北朝鮮を旅行で訪れたことがあります。今思えば、旅行中にけっこう危険な行為もしていました。一歩誤れば、私もワームビアさんのようになっていたかもしれません。

このニュースを機に、私の旧サイトで人気だった「いなぽんの北朝鮮旅行記」を改めてUPすることにしました。私の当時の国語力で記載しているため一部読みにくい部分がありますが、当時の思いを正確に伝えることを最優先に、あえて手を加えていません。ご興味のある方はご一読いただければと思います。

http://www.inapon.com/dprk/dprk.htm

2017年6月20日 (火)

元SMAP稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾へのキャリアチェンジのススメ

昨年解散したSMAPの元メンバーである稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の三氏が、今年9月8日付でジャニーズ事務所を退社することを同事務所が発表しました。

同事務所が登録商標「SMAP」(商標登録第2286334号など)を保有していることから、この三人が「SMAP」を商標として使用する場合、それを付ける商品・役務(サービス)によっては、商標権を侵害する可能性が出てきます。

そこで、稲垣・草なぎ・香取が、ジャニーズ事務所から何か言われないか、ビクビクする必要がなくなる良い方法を思いつきました。

じつは、産業能率大学が、指定役務「経営の診断及び指導」などについて登録商標「S-map」(商標登録第4389650号)を、また、住宅金融支援機構が、指定役務「預金の受入れ及び定期積金の受入れ」などについて登録商標「住まっぷ」(商標登録第5096032号)を保有しています。

Smap_2
商標登録第4389650号

Jumap_2
商標登録第5096032号

ですから、稲垣・草なぎ・香取は、産業能率大学と契約し、「S-map」を名乗って経営コンサルティングを始めるか、住宅金融支援機構と契約し、「住まっぷ」を名乗って銀行業務を始めれば良いのです。それならば、ジャニーズ事務所も手出しはできないでしょう。退社を機にまったく違う職種にチャレンジしてみるというのもいかがでしょうか?

※これらの登録商標については、『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の131~132ページで触れています。

2017年6月15日 (木)

「キティ」サンリオをEUが調査 競争妨害の可能性、ナイキなども

「The News Masters TOKYO」にコラムを投稿しました。

http://www.joqr.co.jp/nmt/column/post-131.php

Column

2017年6月 9日 (金)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が科学新聞で紹介されました!

日本国内の科学者・研究者を対象に発行されている『科学新聞』(2017年6月9日号)において、『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)が紹介されました。記事の見出しは「背後には人間ドラマあり」です。

これを機に、大学や研究機関に所属されている科学者・研究者の方々にも、拙著が広く認知されることを願っています。

Kagaku_s_3

2017年6月 7日 (水)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の表紙の謎

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の表紙のオビにまつわる裏話の第二弾。

広島東洋カープの「C」マーク、中央大学の「C」マーク、シンシナティ・レッズの「C」マーク、智弁学園和歌山高等学校野球部の「C」マーク…。気が付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、これらの「C」マークの違いは「形」だけではありません。じつは、その「色」にも違いがあるのです。

たとえば、中央大学には、「ブランドマーク指定基準」というものがあります。そこには「〈中央大学レッド〉を再現する際、4色分解の場合はM:90%+Y:90%で指定し、特色インクの場合はTOYO94:CF0100で指定してください」と書かれていますので、それを再現しています。

http://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/brand_mark/reg/pdf/reg_03_201208.pdf

また、智辯和歌山の「C」マークは色が濃い目ですが、これについてはインターネットなどでデータが公開されていません。そのため、やむなく私は「ヤフオク!」で「智辯和歌山応援帽」を購入し、その帽子から「C」マークを再現していただいたのです。

このオビは多くの方々に衝撃を与えましたが、このような隠れた苦労もあったのでした。

516ungi4vfl_2

2017年6月 4日 (日)

『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)と「東北ずん子」

広島東洋カープの「C」マーク、中央大学の「C」マーク、シンシナティ・レッズの「C」マーク、智弁学園和歌山高等学校野球部の「C」マーク…。

多くの方々に衝撃を与えた『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)の表紙のオビ。このデザインに決定したのは、ひととおり原稿が出来上がった後でした。じつは、当初私が出した案は、東北復興支援キャラクター「東北ずん子」だったのです。

Hyoushi

「講談社現代新書」には似つかわしくなく、「いったい、どうして?」と思われた方も多いかもしれません。じつは、本書を執筆していた2016年当時、松尾豊氏の『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA/中経出版)が、かなりの勢いで売れており、その表紙のオビに、アニメーション映画『イヴの時間』(ロボットと人間との共生を描いた作品)に登場するヒロインが描かれていたのです。そこで、恥ずかしながら、「アニメ風美少女キャラで押すしかないのでは?」と勝手に考えたのでした。(この案は、即却下となってしまいましたが…。)

Aibooks

周りの方々にこの話をすると、「ずん子にしなくて良かったね」と、誰もが口を揃えておっしゃるので、やはり表紙のオビは「C]マークにして正解だったと思います。

«小池都知事、自民に離党届 新党代表に、対立鮮明化

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いなぽんの本

  • 稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

    稲穂 健市: 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)
    「1・2・3・ダァーッ!」と叫ぶと、商標権侵害になる!? 槇原敬之氏と小保方晴子氏は『銀河鉄道999』をパクった? メリー喜多川氏が考案した「早変わり舞台衣装」とはどんなもの? 大笑い必至の面白事例から「知的財産」を学ぼう! (★★★★★)

  • 稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界

    稲森謙太郎: すばらしき特殊特許の世界
    ■松本人志が発明した驚異の目覚まし時計 ■秋元康が発案したハードな恋愛ゲーム ■東野圭吾のガリレオ風特許 ■富士フイルムの暴漢撃退カメラ 特許の取り方から最先端のスマートフォン特許まで。笑えて学べる本邦最高の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界

    稲森 謙太郎: 知られざる特殊特許の世界
    ユニークな特許の実例を紹介し、特許の基本から、ビジネスモデル特許・遺伝子特許などの最前線の情報までをわかりやすく説明した、エンターテイメント型の特許入門書。 (★★★★★)

  • 稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル

    稲森 謙太郎: 女子大生マイの特許ファイル
    大学3年生のマイは特許事務所でアルバイト中。マイの仕事は、個性的な特許を見つけること…。特許の基本から、弁理士や知的財産管理技能士などの試験に役立つ応用レベルまでをストーリー形式で楽しく学べる本。 (★★★★★)